第四号海防艦・潜水母艦迅鯨の最期を追う

第四号海防艦・潜水母艦迅鯨の最期を追う

Physical (worldwide shipping)

BuyeePurchase via Buyee
Buyee is a third party service for shipping your items globally. Read More
  • Physical (direct)
    Ships by Anshin-BOOTH-Pack
    Ships within 7 days
    600 JPY

Physical (ship to Japan)

  • Physical (direct)
    Ships by Anshin-BOOTH-Pack
    Ships within 7 days
    600 JPY

「第四号海防艦・潜水母艦迅鯨の最期を追う」 オフセットB5サイズ オールフルカラー42ページ ■第四号海防艦(鳥羽)■ ・4号の船団護衛の拠点となった小笠原諸島、4号も護衛した海軍徴用船濱江丸 ・4号の所属した伊勢防備隊の戦跡、慰霊碑 ・4号沈没地点の海底調査 御前崎から紀伊勝浦までの海上を守った伊勢防備隊に所属した第四号海防艦。1945年7月24日・25日・28日にエセックス級空母のF6Fによる空襲を受け、艦尾を損傷・座礁・沈没するまでの様子を目撃者の証言・米軍の戦闘詳報などから再構成。 伊勢防備隊の本拠地だった相島(真珠島)や鳥羽周辺の戦跡、事実上の第四号海防艦の慰霊碑となる伊勢防備隊供養塔などを紹介。 沈没地点の海底調査を行い残骸を探す。 ■潜水母艦迅鯨(沖縄北部)■ ・10・10空襲に遭遇した迅鯨の空襲・引揚・解体まで ・迅鯨鎮魂碑 学童疎開や輸送作戦により内地と内地を往復していた太平洋戦争末期の潜水母艦迅鯨。1944年10月10日空襲によって沖縄北部本部町の瀬底錨地で沈没した迅鯨の乗員を救出した方の証言、当時の新聞記事などから空襲・引揚・解体までの様子を解説。 2000年に設置された迅鯨鎮魂碑や本部監視哨など本部町の今も紹介。 ■現存する艦艇・遺留品 巻末特集として、駆逐艦雪風が台湾で旗艦となった丹陽の鐘、駆逐艦有明の御分霊記念塔、戦艦サウスダコタのスクリュー・甲鈑、戦艦ワシントンの砲栓、タウン軽巡ベルファストなどをまとめて紹介。 ■詳細情報 https://sazanami.net/20201214-escort-no4-submarine-depot-jingei/

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

「第四号海防艦・潜水母艦迅鯨の最期を追う」 オフセットB5サイズ オールフルカラー42ページ ■第四号海防艦(鳥羽)■ ・4号の船団護衛の拠点となった小笠原諸島、4号も護衛した海軍徴用船濱江丸 ・4号の所属した伊勢防備隊の戦跡、慰霊碑 ・4号沈没地点の海底調査 御前崎から紀伊勝浦までの海上を守った伊勢防備隊に所属した第四号海防艦。1945年7月24日・25日・28日にエセックス級空母のF6Fによる空襲を受け、艦尾を損傷・座礁・沈没するまでの様子を目撃者の証言・米軍の戦闘詳報などから再構成。 伊勢防備隊の本拠地だった相島(真珠島)や鳥羽周辺の戦跡、事実上の第四号海防艦の慰霊碑となる伊勢防備隊供養塔などを紹介。 沈没地点の海底調査を行い残骸を探す。 ■潜水母艦迅鯨(沖縄北部)■ ・10・10空襲に遭遇した迅鯨の空襲・引揚・解体まで ・迅鯨鎮魂碑 学童疎開や輸送作戦により内地と内地を往復していた太平洋戦争末期の潜水母艦迅鯨。1944年10月10日空襲によって沖縄北部本部町の瀬底錨地で沈没した迅鯨の乗員を救出した方の証言、当時の新聞記事などから空襲・引揚・解体までの様子を解説。 2000年に設置された迅鯨鎮魂碑や本部監視哨など本部町の今も紹介。 ■現存する艦艇・遺留品 巻末特集として、駆逐艦雪風が台湾で旗艦となった丹陽の鐘、駆逐艦有明の御分霊記念塔、戦艦サウスダコタのスクリュー・甲鈑、戦艦ワシントンの砲栓、タウン軽巡ベルファストなどをまとめて紹介。 ■詳細情報 https://sazanami.net/20201214-escort-no4-submarine-depot-jingei/